私の撮った鉄道写真 別冊3-2 中小私鉄 片 上 鉄 道  4          

01
柵駅駅

1988年9月 片上鉄道 柵原(やなはら)駅
駅の左側は柵原鉱山 (閉山は1991年3月)
鉱石輸送は既に鉄道からトラックに代わっている
戻る 次へ
02
片上鉄道 キハ802

1988年9月 片上鉄道 柵原駅
キハ802
前へ 次へ
03


1988年9月 片上鉄道 柵原駅
キハ802
前へ 次へ
04
柵原駅駅舎

1988年9月 片上鉄道 柵原駅 駅舎
後方は柵原鉱山
前へ 次へ
05
和気駅

1988年9月 片上鉄道 和気(わけ)駅
キハ802
前へ 次へ
06
キハ802

1988年9月 片上鉄道 和気駅
キハ802
前へ 次へ
07
キハ312 片上鉄道

1988年9月 片上鉄道 和気駅
キハ312
前へ 次へ
08
キハ801

1988年9月 片上鉄道 和気駅
キハ801
前へ 次へ
09
DD13-553

1988年9月 片上鉄道 和気駅
DD13-553ディーゼル機関車
前へ 次へ
10
キハ312

1988年9月 片上鉄道 和気駅
キハ312
前へ 次へ
11


1988年9月 片上鉄道 天瀬駅
DD13-551ディーゼル機関車が牽引する客車列車
前へ 次へ
12
DD13-551 客車列車

1988年9月 片上鉄道 天瀬駅
DD13-551ディーゼル機関車が牽引する客車列車
前へ 次へ
13
天瀬駅 客車

1988年9月 片上鉄道 天瀬駅
DD13-551ディーゼル機関車が牽引する客車列車

前へ 次へ
14


1988年9月 片上鉄道 備前矢田駅

前へ 戻る

トップのMenuへ戻る
< 片上鉄道の概要 >
柵原(やなはら)鉱山の鉄鉱石(硫化鉄鉱)を備前片上港に輸送するための鉄道として1931年
(S6)に開通した鉄道で瀬戸内海に面した片上駅(岡山県和気郡片上町)と柵原駅(岡山県久米
郡柵原町)間を結んでいた。

線路延長33.7km、軌間1067mm、非電化の鉄道で、 貨物輸送と旅客輸送を行っていた。

国鉄山陽本線とは途中駅の和気(わけ)駅で接続していた。
片上駅は国鉄との接続はなかったが、片上港で鉱石の積出を行っていたため、広いヤードを
持っていた。

蒸気機関車は1968年に全廃され、ディーゼル機関車牽引になった。
1987年に鉱石輸送がトラック輸送に変わり、貨物列車は廃止になった後も、通勤時間帯の列車
はディーゼル機関車が客車を牽引していた。

1991年(H3)3月に柵原鉱山が閉山になり、片上鉄道は同年6月に全線廃止になった。


この頁の上へ


片上鉄道の目次へ戻る


トップのMenuへ戻る