私の撮った鉄道写真 別冊3-3 鉱山の鉄道・専用線鉄 釧 路 臨 港 鉄 道           

01


1964年10月 釧路臨港鉄道 6号機 春採駅
戻る 次へ
02


1964年10月 釧路臨港鉄道 6号機 春採駅
前へ 次へ
03


1964年10月 釧路臨港鉄道 6号機 春採駅
前へ 次へ
04


1964年10月 釧路臨港鉄道 6号機 春採駅
前へ 次へ
05


1964年10月 釧路臨港鉄道 6号機 春採駅
前へ 次へ
06


1964年10月 釧路臨港鉄道 8号機 春採駅
前へ 戻る

トップのMenuへ
戻る



釧路臨港鉄道の概要>

太平洋炭砿春採炭砿の石炭を輸送するための鉄道で、訪問した1964年時点では
東釧路駅-入舟町駅(9.1km)の臨港線と東釧路-城山間(2.2km)の城山線を
保有し石炭輸送を行っていた。 

1958年からディーゼル機関車が使用され始めており、本線はディーゼル機関車が
牽引し、蒸気機関車は主に構内で使用されていたと思われる。

1966年に入舟町駅-臨港駅間を廃止。
1979年に太平洋石炭販売輸送に社名変更。
1985年に城山線廃止
1986年に東釧路駅-春採駅間と知人駅-臨港駅間廃止
2002年に太平洋炭砿は閉山になったが、釧路コールマインに引き継がれて小規模な
採炭と採炭技術の開発、海外移転事業を行っている。

専用線は太平洋石炭販売輸送臨港線になり、春採駅-知人駅間でディーゼル機関車に
よる石炭輸送を行っている。

6号機と8号機は日本車両が製造した自社発注の1C2形の蒸気機関車。


< 撮 影 メ モ >

撮 影 日  1964年10月13日
カ メ ラ    PENTAX S2
移動ルート  国鉄東釧路駅から春採(はるとり)駅まで徒歩で往復。



この頁の上へ



トップのMenuへ
戻る