私の撮った鉄道写真 別冊3-3 鉱山の鉄道・専用線  北海道炭礦汽船 真谷地専用鉄道 1            

01


1964年10月 北海道炭礦汽船 真谷地専用鉄道
5051号機の牽く客車列車 沼ノ沢駅付近
戻る 次へ
02


1964年10月 北海道炭礦汽船 真谷地専用鉄道
5051号機の牽く客車列車 沼ノ沢駅付近
前へ 次へ
03


1964年10月 北海道炭礦汽船 真谷地専用鉄道
沼ノ沢駅の5051号機
前へ 次へ
04


1964年10月 北海道炭礦汽船 真谷地専用鉄道
5051号機の牽く客車列車 沼ノ沢駅
前へ 次へ
05


1964年10月 北海道炭礦汽船 真谷地専用鉄道
5051号機 沼ノ沢駅
前へ 次へ
06


1964年10月 北海道炭礦汽船 真谷地専用鉄道
沼ノ沢駅 5051号機
前へ 次へ
07


1964年10月 北海道炭礦汽船 真谷地専用鉄道
5051号機 沼ノ沢駅
前へ 次へ
08


1964年10月 北海道炭礦汽船 真谷地専用鉄道
5051号機 沼ノ沢駅
前へ 次へ
09


1964年10月 北海道炭礦汽船 真谷地専用鉄道
沼ノ沢駅 5051号機
前へ 次へ
10


1964年10月 北海道炭礦汽船 真谷地専用鉄道
5051号機 沼ノ沢駅
前へ 次へ
11


1964年10月 北海道炭礦汽船 真谷地専用鉄道
沼ノ沢駅を出発する5051号機の牽く客車列車
前へ 次へ
12


1964年10月 北海道炭礦汽船 真谷地専用鉄道
沼ノ沢駅を出発する5051号機の牽く客車列車

前へ 戻る

トップのMenuへ
戻る



< 北海道炭礦汽船 真谷地(まやち)専用鉄道の概要 >
 

夕張線沼ノ沢駅と真谷地炭鉱のある真谷地駅(北海道夕張市)間 4.4kmを結んでいた
専用鉄道。
石炭輸送のための鉄道だったが、1966年までは便乗扱いで旅客も輸送していた。

5051号機はボールドウィン社製のテンダー機関車で元国鉄8118、5052号機は同形で
元国鉄8106。

1965年から1966年にかけて美唄鉄道から4100形蒸気機関車を譲り受けたことにより、
5051号機は美流渡専用線に譲渡、5052号機は廃車にしている。

真谷地炭鉱の閉山により1987年10月廃線。


< 撮 影 メ モ >

撮影日  1964年10月11日(日)

カメラ   PENTAX S2

旅行メモ
  大学内の施設が東京オリンピックの競技場に使われことから、オリンピック開催期間中の
  授業がすべて休講になったため、北海道に旅行し国鉄、私鉄、専用線、機関区を巡って、
  鉄道写真を撮影した。



この頁の上へ



トップのMenuへ
戻る