私の撮った鉄道写真 別冊3-4 大手私鉄  京王帝都電鉄 (京王電鉄)          

01


1964年3月 京王帝都電鉄 分倍河原駅ホーム
デハ2000系 2051
戻る 次へ
02


1964年3月 京王帝都電鉄 分倍河原駅ホーム
デハ5000系
前へ 次へ
03


1964年3月 京王帝都電鉄 分倍河原駅ホーム
デハ5000系
前へ 次へ
04


1964年3月 京王帝都電鉄 府中駅3番ホーム
デハ2600系 2609 急行新宿行き
前へ 次へ
05


1964年3月 京王帝都電鉄 府中駅4番ホーム
デハ2000系 2007
行先板は府中・調布
前へ 戻る

トップのMenuへ
戻る



 京王帝都電鉄 (京王電鉄) の概要 >

今の社名の京王電鉄は、1998年(H10)に会社設立50周年を機に京王帝都電鉄から改称
した社名である。 

京王帝都電鉄は、京王線とその支線を持っていた京王電気軌道と、井の頭線を持っていた
帝都電鉄の路線を合わせて1948年(S23)に設立された鉄道会社で、二社の旧名称を繋げ
て社名にしたとされている。

撮影した1964年以降に路線を延長しており、動物園線、高尾線を開通させ、相模線を橋本
まで延長し、新宿-笹塚間を新線建設で複々線化して都営地下鉄新宿線と相互乗入れして
いる。

現在の京王電鉄は
京王線 (新宿-京王八王子) ・ 京王新線 (新宿-笹塚:複々線化)
井の頭線 (渋谷-吉祥寺)
高尾線 (北野-高尾山口)
相模線 (調布-橋本)
競馬場線 (東府中-府中競馬場正門前)
動物園線 (高幡不動-多摩動物公園)
を持ち、路線総延長は84.7kmになっている。

京王電鉄は大手私鉄16社のうちの1社。



この頁の上へ



トップのMenuへ
戻る