私の撮った鉄道写真 別冊3-6 路面電車 大分交通 別大線                  

01


1967年3月 大分交通 別大線 100系106
戻る 次へ
02


1967年3月 大分交通 別大線
前へ 次へ
03


1963年11月 大分交通 別大線 500系502
前へ 次へ
04


1963年11月 大分交通 別大線 300系301
前へ 戻る

トップのMenuへ戻る


大分交通 別大(べつだい)線の概要>

大分県の県庁所在地である大分市と温泉地として有名な別府市を結ぶ路面電車で、国鉄(現
JR九州)の日豊本線とほぼ並行して海沿いを走る路線だった。

1900年(M33)に豊州鉄道が別府(南町)-大分(堀川)間を開業、その後路線の延長、経路
変更、支線廃止により、撮影した1960年代には営業区間は大分駅前(大分県大分市)-亀川
駅前(大分県別府市)間で、営業距離は18.4kmになっていた。

1972年 大分駅前-亀川駅前間 全線廃止。



この頁の上へ