私の撮った鉄道写真 別冊3-7 ナロ-の私鉄・専用線 東洋活性白土専用線 1                    

01


1965年10月 東洋活性白土専用線
製品を降ろして工場へ戻る列車
戻る 次へ
02


1965年10月 東洋活性白土専用線
製品と積替え作業者を乗せた推進運転の列車
前へ 次へ
03


1965年10月 東洋活性白土専用線
製品と積替え作業者を乗せた推進運転の列車
前へ 次へ
04


1965年10月 東洋活性白土専用線
2号機
前へ 次へ
05


1965年10月 東洋活性白土専用線
2号機
前へ 次へ
06


1965年10月 東洋活性白土専用線
2号機
前へ 次へ
07


1965年10月 東洋活性白土専用線

前へ 次へ
08


1965年10月 東洋活性白土専用線 積替えホーム
右端は国鉄の貨車
前へ 次へ
09


1965年10月 東洋活性白土専用線 積替えホーム

前へ 次へ
10


1965年10月 東洋活性白土専用線

前へ 次へ
11


1965年10月 東洋活性白土専用線
2号機キャブ内から撮影
前へ 次へ
12


1965年10月 東洋活性白土専用線
無蓋車の連結器
前へ 戻る

トップのMenuへ
戻る


< 東洋活性白土専用線の概要 >

東洋活性白土専用線は北陸本線糸魚川駅(新潟県糸魚川市)のはずれにあった国鉄との
積替えホームと工場を結んでいた専用線だった。

線路延長は約800m、軌間は610mmで小型の蒸気機関車が、トロッコのような無蓋車で
主に製品を運んでいた。

1982年(S57)東洋活性白土は営業を止め、専用線は廃線になった。



この頁の上へ



トップのMenuへ
戻る