私の撮った鉄道写真 別冊3-7 ナロ-の私鉄・専用線  関西電力 黒部鉄道                 

01
関西電力黒部鉄道

1962年7月 関西電力黒部鉄道 宇奈月駅
戻る 次へ
02
黒部鉄道 宇奈月駅

1962年7月 関西電力黒部鉄道 宇奈月駅

前へ 次へ
03


1962年7月 関西電力黒部鉄道 宇奈月駅
前へ 次へ
04


1962年7月 関西電力黒部鉄道 宇奈月駅付近

前へ 戻る

トップのMenuへ戻る

< 関西電力黒部鉄道(現:黒部峡谷鉄道)の概要 >
富山地方鉄道の宇奈月温泉駅に隣接する宇奈月駅と欅平駅間20.1km結んでいる鉄道で、
現在は黒部峡谷の観光用鉄道になっているが、ダム用資材の輸送も行っている。

黒部川電源開発の人員と資材運搬用の鉄道として1937年(S12)に宇奈月-欅平間が開通
し、1951年に関西電力の所有になり、1953年に地方鉄道の免許を取り旅客輸送の営業を
開始している。

1971年に関西電力の子会社になり、名称を黒部峡谷鉄道に変更している。

< 撮 影 メ モ >
撮 影 日  1962年 7月 25日

移動ルート (高校の鉄道研究会夏期合宿(旅行)で北陸へ)
 7月23日 上野駅から夜行列車に乗車
 7月24日 福井鉄道(デワ3)、北陸鉄道武生駅、京福電鉄福井口駅尾小屋鉄道小松駅
        兼六園(観光)、北陸鉄道金沢市内線加越能鉄道加越線石動駅、金沢機関区
 7月25日 富山地方鉄道、関西電力黒部峡谷鉄道宇奈月駅、
 7月26日 糸魚川機関区(ホームから撮影)、糸魚川海岸(観光)、大糸線経由で帰京


この頁の上へ


トップのMenuへ戻る