私の撮った鉄道写真 別冊3-7 ナロ-ゲ-ジの私鉄・専用線 日本粘土鉱業岩手鉱業所 3 <閉山後>               

01


1999年6月 日本粘土鉱業岩手鉱業所
建屋内保存されていたディーゼル機関車
戻る 次へ
02


1999年6月 日本粘土鉱業岩手鉱業所
前へ 次へ
03


1999年6月 日本粘土鉱業岩手鉱業所
前へ 次へ
04


1999年6月 日本粘土鉱業岩手鉱業所
前へ 次へ
05


1999年6月 日本粘土鉱業岩手鉱業所
建屋の奥にあった古い車両
前へ 次へ
06


1999年6月 日本粘土鉱業岩手鉱業所
前へ 次へ
07


1999年6月 日本粘土鉱業岩手鉱業所
前へ 次へ
08


1999年6月 日本粘土鉱業岩手鉱業所
前へ 次へ
09


1999年6月 日本粘土鉱業岩手鉱業所
前へ 次へ
10


1999年6月 日本粘土鉱業岩手鉱業所
前へ 次へ
11


1999年6月 日本粘土鉱業岩手鉱業所
前へ 次へ
12


1999年6月 日本粘土鉱業岩手鉱業所
前へ 次へ
13


1999年6月 日本粘土鉱業岩手鉱業所
前へ 次へ
14


1999年6月 日本粘土鉱業岩手鉱業所
前へ 次へ
15


1999年6月 日本粘土鉱業岩手鉱業所
前へ 次へ
16


1999年6月 日本粘土鉱業岩手鉱業所

前へ 次へ
17


1999年6月 日本粘土鉱業岩手鉱業所
前へ 次へ
18


1999年6月 日本粘土鉱業岩手鉱業所
鉱業所全景 軌道は建屋の奥の高台にあった
前へ 戻る

トップのMenuへ戻る

< 日本粘土鉱業岩手鉱業所の概要 >
日本粘土鉱業岩手鉱業所岩手県岩泉市にあった鉱山で、産出される耐火粘土の輸送に
軌道が敷かれていた。
地下の坑内から坑口に運び出す斜坑ではワイヤロープを使ったインクライン方式で鉱車を
引上げ、地上での運搬には小型のディーゼル機関車が使われていた。

1996年(H8)に鉱山は閉山になり、同時に軌道も廃止になっていると思われるが、鉱業
所はその後も存続し、リサイクル事業を行なっていた。

 注)同じ岩手鉱業所で1991年に撮った写真が別頁(日本粘土1同 2 )にあります。

< 撮 影 メ モ >
撮 影 日 1999年 6月 26日 (土)

移動ルート (日詰駅から三沢駅まで弟の自家用車で移動)
 6月25日 池袋駅前発23:30- 夜行バス「らくちん一号」
 6月26日 盛岡6:30 - 日詰駅 - たらちね神社 - 日本粘土撮影 - 岩泉駅撮影 - 五戸 -
        静態保存車両プリムス撮影 ‐ 三沢市内(泊)
 6月27日 大湊線撮影 -南部縦貫鉄道撮影 - 三沢駅発15:40 -大宮駅 -赴任先に帰宅


この頁の上へ


トップのMenuへ戻る