私の撮った鉄道写真 別冊3-8 国鉄の機関区・電車区  仙山線管理所 (作並機関区)     

01
作並機関区

1963年3月 仙山線管理所(作並機関区)
 ED141(左)・ED1828(右)
戻る 次へ
02
仙山線管理所

1963年3月 仙山線管理所(作並機関区)
 ED141(左)・ED1828(右)
前へ 次へ
03
ED141

1963年3月 仙山線管理所(作並機関区) ED141
前へ 次へ
04


1963年3月 仙山線管理所(作並機関区) ED9111
前へ 次へ
05
ED9291

1963年3月 仙山線管理所(作並機関区) ED9121
前へ 次へ
06
クモヤ790−1

1963年3月 仙山線管理所(作並機関区) クモヤ790−1
前へ 次へ
07


1963年3月 仙山線管理所(作並機関区) ED141
パンタグラフ上げ作業
前へ 次へ
08
ED1728

1964年12月 仙山線管理所(作並機関区) ED1728
前へ 次へ
09


1964年12月 仙山線管理所(作並機関区) ED1728
前へ 次へ
10


1964年12月 仙山線管理所(作並機関区) ED1728
前へ 戻る

トップのMenuへ
戻る



< 仙山線管理所(作並機関区)の概要 >

仙山線の列車のための直流電気機関車と交流電気機関車、交流電車が所属していた
管理所で、仙山線作並駅(宮城県仙台市)に隣接していた。

仙山線は日本の交流電化発祥の地で、1957年に仙台駅−作並駅間が交流電化され
営業運転が開始された。 

作並駅−山寺駅間は直流電化していたので、作並駅が交流電化と直流電化の接続駅
となった。

仙山線管理所(作並機関区)には交流電気機関車 (ED91形2両・ED90形1両) 、直流電
気機関車 (ED14形2両・ED18形2両)、交流電車(クモハ491形2両・クモヤ790形1両・クハ
490形1両) が所属していた。 (1964年度版動力車配置表による)

1968年に全線が交流電化されて作並駅は交流・直流の接続駅ではなくなっている。
仙山線管理所(作並機関区)は廃止されている。(廃止年月は未確認)


< 撮 影 メ モ >

撮 影 日
  1回目 1963年 3月17日(日) (No.1〜7)
  2回目 1964年12月29日(火) (No.8〜10)

カ メ ラ
  1回目 キャノネット    (No.1〜7)
  2回目 PENTAX S2  (No.8〜10)



この頁の上へ



トップのMenuへ
戻る