私の撮った鉄道写真 別冊3-9 国鉄・JRの駅   山  北  駅            

01


1962年12月 御殿場線 山北駅
D5262
戻る 次へ
02


1962年12月 御殿場線 山北駅
小田急から乗入れていた「銀嶺」号 キハ5102
前へ 次へ
03


1962年12月 御殿場線 山北駅
前へ 次へ
04


1962年12月 御殿場線 山北駅
駅構内の転車台
前へ 次へ
05


1962年12月 御殿場線 山北駅
貨物ホームの貨車移動機
前へ 戻る


トップのMenuへ
戻る



 山北駅の概要 >

山北駅(神奈川県足柄上郡)は国府津駅と沼津駅を結ぶ御殿場線の中間駅。
御殿場線は1934年(S9)に丹那トンネル開通までは東海道本線であり、山北駅は
山越えの拠点駅で、勾配区間用の補助機関車が所属する機関区が置かれていた。

1968年の全線電化で御殿場線の蒸気機関車は廃止になり、小田急からの乗入れ
車両はディーゼルカー(キハ5000形)からSSE3000形ロマンスカーになっている


< 撮 影 メ モ >

撮 影 日   1962年12月24日 (月)

カ  メ  ラ   キャノネット

移動ルート   鉄道研究会の冬合宿とし称して御殿場線撮影へ。 撮影場所は山北駅と
         谷峨駅-駿河小山駅間(徒歩で移動)。 (往復のルートは不明)



この頁の上へ



トップのMenuへ
戻る