私の撮った鉄道写真 別冊3-9 国鉄・JRの駅   上 磯 駅  (江差線)               

01
上磯駅ホーム

1972年4月 江差線 上磯駅ホーム
C58213蒸気機関車の牽く上り旅客列車
戻る 次へ
02
上磯駅

1972年4月 江差線 上磯駅ホーム
C58213蒸気機関車の牽く上り旅客列車
前へ 次へ
03


1972年4月 江差線 上磯駅ホーム
C58213蒸気機関車の牽く上り旅客列車
前へ 次へ
04


1972年4月 江差線 上磯駅ホーム
C58213蒸気機関車
前へ 次へ
05


1972年4月 江差線 上磯駅
C58213蒸気機関車の牽く函館行き旅客列車
前へ 次へ
06


1972年4月 江差線 上磯駅
右:C58213蒸気機関車の牽く函館行き旅客列車
左:C58407がバック運転で牽く上磯始発の函館行き旅客列車
前へ 次へ
07


1972年4月 江差線 上磯駅
C58213蒸気機関車
前へ 次へ
08
上磯始発の函館行き旅客列車

1972年4月 江差線 上磯駅
C58407がバック運転で牽く上磯始発の函館行き旅客列車
前へ 次へ
09


1972年4月 江差線 上磯駅ホーム

前へ 次へ
10


1972年4月 江差線 上磯駅ホーム
キハ2145
前へ 次へ
11


1972年4月 江差線 上磯駅ホーム

前へ 次へ
12


1972年4月 江差線 上磯駅ホーム

前へ 次へ
13
上磯駅駅舎

1972年4月 江差線 上磯駅駅舎

前へ 戻る

トップのMenuへ戻る
< 江差線 上磯駅の概要 >
上磯駅(北海道上磯町・現:北斗市)は、五稜郭駅と江差駅を結んでいる江差線の途中駅で、
函館駅から約12km、五稜郭駅から約9kmの位置している。
上磯駅の西側には日本セメント(現:太平洋セメント)上磯工場がある。
 注)江差線は現在は道南いさりび鉄道になっている。

< 撮 影 メ モ >
撮 影 日   1972年 4月 30日 (月)

カ メ ラ    PENTAX SP ・ PENTAX S2

移動ルート
 4月29日
  上野駅6:33 - (いわて1号) - 盛岡駅13:50着1428 - 渋民駅着 - 発16:20 - 青森駅着20:25
  -青森駅発21:45 -函館駅着1:35

 4月30日
  函館駅発5:53 - (751レ) - 上磯駅着6:20 -(撮影)-発10:54 -(えさし1号)- 函館駅着11:10 -
  函館駅発13:00 - 鹿部駅着14:34 - (函館本線撮影) - 鹿部駅発18:10 -長万部駅着20:29 -
  発2:23 (夜行急行「すずらん6号」)に乗車

 5月1日 
  苫小牧駅着4:50 - 清水沢駅着6:36 - (三菱大夕張鉄道に乗車) - 大夕張炭山駅着7:42 -
  (徒歩で大夕張駅へ)- 大夕張駅発10:15 - 大夕張炭山駅着10:19 - 大夕張炭山駅発11:17
  - (バス) - 清水沢駅着11:55 - 岩見沢駅着15:01- (かむい6号) - 旭川駅着16:19 -
  旭川四条駅 - ( 旭川電気軌道撮影)   旭川ステーションホテル宿泊

 5月2日
  旭川追分駅 - (旭川電気軌道撮影) - 東川駅 - 旭川追分駅 - 旭川公園駅 - 旭川追分駅
  - (バス) - 旭川駅前 - 旭川発駅16:12 - 幌延駅着21:22  幌延館宿泊

 5月3日
  幌延駅(撮影)- 幌延駅発11:47 - 問寒別駅着 -(幌延町営軌道跡撮影)- 問寒別駅発15:29
  - 天塩中川駅着15:47 -発18:11 - 音威子府駅着18:50 -発20:25 - (礼文)- 旭川駅着23:01

 5月4日
  旭川駅発1:00 -(大雪6号)- 生田原駅着4:46 -発7:44 -網走駅着11:38 - (この後レンタカー
  で移動) - 浜小清水駅 - 斜里駅 - 北浜駅(撮影) - 網走駅発16:40 - 釧路駅着19:47
    釧路ホテル宿泊

 5月5日
  釧路駅発6:41 - (441レ) - 糸魚沢駅着8:15 -発10:07 - 釧路駅着11:23 - (釧路駅で撮影)
  - 釧路駅発14:20 - (おおぞら3号) - 函館駅着0:20

 5月6日
  函館駅発0:40 - 青森駅着4:30 -発4:53 - (みちのく) - 上野駅着13:46

注) 同じ日に 上磯駅付近 で撮った写真が別頁にあります。


この頁の上へ


トップのMenuへ戻る