私の撮った鉄道写真 別冊3-6 路面電車 北陸鉄道 金沢市内線         

01


1962年7月 北陸鉄道 金沢市内線 金沢駅前
モハ300形 308
戻る 次へ
02


1962年7月 北陸鉄道 金沢市内線
モハ2100形 2112
前へ 戻る


トップのMenuへ
戻る



< 北陸鉄道 金沢市内線概要 >

北陸鉄道が保有していた金沢市内の路面電車で正式名称は北陸鉄道金沢市内線だが、
金沢とも呼ばれていた。

1919年(T8)に金沢電気軌道が金沢駅前から兼六園下までを開業、1942年(S17)から
北陸鉄道の経営になっている。

最盛期の1966年(41S)2月までは6つの系統で路線長が12kmを越えていたが、その
後は路線廃止が続き、1967年(S42)2月に全線廃止されている。


< 撮 影 メ モ >

撮影日 1962年7月24日

移動ルート (高校の鉄道研究会夏期合宿(旅行)で北陸へ)
 7月23日
 7月24日 福井鉄道(デワ3)、北陸鉄道武生駅、京福電鉄福井口駅、尾小屋鉄道小松駅、兼六園、
        加越能鉄道加越線石動駅、金沢機関区
 7月25日 富山地方鉄道、関西電力宇奈月駅、
 7月26日 糸魚川海岸、大糸線経由で帰京



この頁の上へ



トップのMenuへ
戻る