更新日 2021 82
  

戻る
北海道鉄道記念館 岡山機関区
  目  次

(他に留置線・操車場・車両展示イベント・博物館なども掲載しています)
撮影日(掲載数)

NEW 北海道鉄道記念館 (現:小樽市総合博物館) 1964年10月
( 9枚 )

NEW 岡山機関区 1999年 2月
(14枚 )

仙台機関区(仙台運転所) 1966年 2月
( 2枚 )

広島新幹線運転所 1996年 9月
( 6枚 )

軽井沢機関支区 1962年 5月
( 2枚 )

ディーゼル動車3000両突破記念車両展示会 1962年11月
( 6枚 )

立川機関区 拝島派出所 (カラー3枚追加) 1984年 1月
(10枚 )

米沢機関区 目次 ・ 個別 ( No1 No.2 1963年 8月〜
1972年 3月

交通科学博物館 1962年 3月
( 4枚 )

大船電車区 1979年 8月
( 8枚 )

中野電車区 <JR1周年中野電車区フェスティバル> 1978年 4月
( 14枚 )

深川機関区 1964年 10月
( 8枚 )

留萌機関支区 1964年 10月
( 5枚 )

網走機関車駐泊所 1972年 9月
( 1枚 )

糸魚川機関区 1962年 7月
( 1枚 )

福井操車場 1963年 7月
( 7枚 )

十日町機関車駐泊所 1965年 2月
( 1枚 )

川渡機関車駐泊所 1968年12月
( 5枚 )

宮地機関車駐泊所 1965年 8月
( 1枚 )

仙山線管理所 (作並機関区) 目次 ・ 個別 ( No1 No.2 )  1963年 3月〜
1964年12月

豊後森機関区 1966年 8月
( 4枚 )

大宮機関区 1979年5月
( 3枚 )

新幹線鴨宮基地  目次 ・ 個別 ( No1 No.2 )       1962年10月〜
1962年12月

飯山機関区 1966年 8月
( 2枚 )

下十条電車区 目次 ・ 個別 ( No1 No.2 1978年 2月〜
1979年 8月

長岡第一機関区 1963年 3月
( 6枚 )

東能代機関区 1969年 1月
( 3枚 )

幌延機関車駐泊所 1972年 5月
( 4枚 )

長野運転所 (長野機関区) 1966年 8月
( 6枚 )

駒ヶ根駅留置線 1983年 3月
( 4枚 )

宮崎機関区 目次 ・ 個別 ( No1 No.2 1971年12月〜
1977年12月

直方機関区 目次 ・ 個別 ( No1 No.2 1968年 7月〜
1971年12月

糸崎機関区 目次 ・ 個別 ( No1 No.2 No.3 1969年 4月〜
1970年 1月

田町電車区 目次 ・ 個別 ( No1 No.2  No.3 ) 1964年10月〜
1966年12月

生田原 1969年11月
( 6枚 )

瀬野機関区 目次 ・ 個別 ( No1 No.2 1975年11月

亀山機関区・亀山操車場 目次 ・ 個別 ( No1 No.2 1964年8月〜
1970年 8月

平機関区 1967年6月
( 3枚 )

米子機関区 1967年 8月
( 9枚 )

新鶴見操車場 1965年 5月
( 7枚 )

吉松機関区 1969年12月
(14枚 )

新鶴見機関区 1965年 5月
(15枚 )

会津田島機関車駐泊所 1972年11月
( 9枚 )

立川機関区 1964年 3月
(11枚 )

八王子機関区 1964年 3月
(16枚 )

国鉄 大宮工場 1963年12月
( 9枚 )

盛岡機関区 1964年 3月
( 9枚 )

北見機関区 目次 ・ 個別 ( No1 No.2 )  1974年 6月〜
1974年12月

梅小路機関区 1965年 5月
(10枚 )

一関機関区 目次 ・ 個別 ( No1 No.2 1964年3月〜
1965年12月

広島機関区 1964年 8月
(15枚 )

伊那松島機関区 1976年 9月
( 7枚 )

高山機関区 1967年12月
( 5枚 )

千葉気動車区 1966年 6月
(11枚 )

会津若松機関区 1964年 12月
( 5枚 )

浜田機関区 1963年 7月
(10枚 )

木次機関区 1964年 8月
( 6枚 )

新潟機関区 1963年 3月
( 8枚 )

長崎機関区 1963年11月
(8枚 )

福知山機関区 1962年3月
(7枚 )

高崎第一機関区・高崎第二機関区 1961年12月
(11枚 )

小山機関区 1964年12月
(20枚 )

小樽築港機関区 B20 1964年10月
( 6枚 )

注)この頁は新規のものを上の行に追加し「NEW」文字を付けています。
   2011年6月からこの頁は 国鉄の機関区・電車区だけにし、私鉄の機関区・電車区は、
   別冊3-2 「中小私鉄」別冊3-4 「大手私鉄」(新設) に移動しました。

   同じ機関区が複数あるものは、機関区別の目次頁を作成します。(2019.12.1より)


トップの Menuへ戻る


機関区の索引へ